製品情報

土木建築・ボーリング - 土壌改良

用途概要

 水田の老朽化対策や漏水防止材などとして利用されています。ベントナイトは無機物質なので腐敗することなく、その他にも肥効を長持ちさせたり、水温・地温を高めるなどの改良効果を備えています。また、膨潤性、粘性、吸着性が他の資材に比べて特に高いため客土の使用量が少なく済み、畑においては保水力の改善や肥料成分の流亡抑止に効果が期待できます。

特長と効果が期待できる地区

特長

 ベントナイトに含まれるケイ酸を水稲体中に吸収することで、倒伏しづらく生育が優れることが知られています。

効果が期待できる地区

  • 老朽化田(作土中の粘土、鉄などが著しく溶脱した土壌)
  • 秋落ち水田(秋に稲穂はつくが、実らない田のこと)
  • 砂地田
  • 火山灰田

使用方法

 使用量の目安は、土壌のタイプや漏水程度により異なりますが、1アールあたり40~100kgを推奨します。

  • 表土混入方法→ 土壌または各種肥料(化成肥料、配合肥料など)と良く混合させ表面にむらのないように散布してください。
  • 層状方法→ 表土と心土の中間部(表土下約30cm)にベントナイトまたは土壌にベントナイトを混合させたものを層状に敷いてください。

取扱い製品

製品名 カタログ SDS
クニゲルV1 ダウンロード ダウンロード
クニゲルV2 ダウンロード ダウンロード
よくあるご質問
漏水抑制のメカニズムを教えてください。

ベントナイトの高い止水性を利用して水田の水持ちを向上させます。砂地や粘土質だが乾燥すると硬くなり間隙が多く水持ちの悪い水田には、ベントナイトを混ぜることにより水を吸って膨潤したベントナイトがゲル状になり空隙を充填し、不透水膜を形成します。